リースの季節ですね

昨年、初めて作ったフレッシュリース

Xmasに向けてフレッシュリース作り

フレッシュリースは生リースとも言い、その名の通り 生の花材(モミ・クジャクヒバ・ヒムロスギなど)を使って作るリースのことです。ちょうど去年の今頃に、現在プリザブドフラワーを習っている先生のところで初めて作成しました。なにせホンモノの木なのでずっしり重く生命力にあふれており、リースの形にするには結構なチカラと気力が必要でした (*_*; しかし苦労した甲斐あってとても満足いく出来となりました!ちなみにリボンは先生が可愛く作ってくれました♡

完成品は自宅に飾っても人の目に触れることが少ないので戸建てに住む親戚にプレゼント♪ウワサによると、リースは戸外に飾るため盗まれたりすることもあるそうで・・・飾ってもバレるのにね (-_- 室内に飾るのか?? 転売するにも梱包が大変だからやめた方がいいと思う。というか、そもそも盗るな(怒

プリザーブドのリース

2019年5月作成

こちらはフレッシュではなくプリザーブドフラワー加工された花材で作ったリースです。一部に造花の実ものを使用しているのですがどれか分かるかな?(答:紫のつぶつぶ。あとは全て本物の植物です!)

作り方はフレッシュと全然違い、固いスポンジのようなフォームにワイヤリングした花材をひたすら挿していきます。このリースの大きさは直径25㎝くらいでフレッシュよりもかなり小さいです。

とても気に入っていたのですが、ある日のハンドメイドマルシェでカフェボードに飾り付けていたらお客様から「売ってほしい」と嬉しいお言葉をいただき、めでたく旅立っていったのでした。
プリザーブド素材は脱水してあるので茶色く枯れてしまうことなく(フレッシュは枯れます)長く楽しめるという良さがあります。

今年のフレッシュリース

オーナメントへの映り込みがすごいのでモザイク(笑)

本日作りたてほやほや!!・・・が、何だか去年の方がイケてた気がするのよね。なんでかというと先生の数多の手直しのおかげ(^_^;
二年目の今年は極力先生の手を借りずに頑張ってみましたが途中何度もモミを巻き直した。ぐぬぬ。でもオーナメントは昨年とイメージをガラッと変えて、これはこれで可愛く仕上がったので満足です。(結局オーナメントの配置も先生だのみ ^^;;;)修行のため、もう3個くらい作りたい。