いまさら聞けない源泉徴収票の見方

そもそも源泉徴収とは

源泉徴収とは
 「アナタの代わりに会社が税金を計算して払っておいてあげるのねん♪」という夢のような制度です。なぜ夢のようかと言うと、税金の計算は自分でやると結構面倒だからです。多くの個人事業主は確定申告時期に多少なりともブルーな気分になります (-_-)

源泉徴収票とは
 給与支払者がその年に払った給与(ボーナス・残業代・職務手当・家族手当等含)の合計額と、源泉徴収した税の合計額を記載する書類です。

 源泉徴収票では支払金額(これも支払金額と書いてあるけど、社会保険料などが天引きされる前の支給額です)の次に給与所得控除後の金額が出てきますが、もう既にここからワケワカランです。これ一体何の金額やねん。サラッと給与所得控除いうな (゚д゚)!ということで、ここから説明していきます。

給与所得控除とは

 まず所得税について、国税庁の説明はこちら。

所得税は個人の所得に対してかかる税金で、
1年間の全ての所得から所得控除を差し引いた残りの
課税所得に税率を適用し税額を計算します。

国税庁ホームページより

 なるほど、わからん。この一文に所得という字を5個も出すなや。「1年間の全ての所得」→「1年間の全ての収入(手取りではない)」に置き換えて考えると少し分かりやすくなるのではないでしょうか。

 所得税は、もらっているお給料に まるっと税率がかかるわけではありません。もらったお給料からいくらか引いてもらえます。元の金額が少なければそれにかかる税金も少なくなります。このいくらか引いてもらえる金額が給与所得控除です。

控除が大きいほど税金は少なくなる

で、給与所得控除後の金額っていくら

 給与所得控除の計算は、もらっているお給料によって違います。しかも結構ひんぱんに変更がある!詳しくは 国税庁の給与所得控除のページ を見てね。令和2年分以降の式をあてはめて例を計算してみます。

源泉徴収票の支払金額が 300万円 だった場合の給与所得控除額
収入金額 × 30% + 80,000 = 980,000
よって給与所得控除後の金額は
300万 – 98万 = 202万

源泉徴収票の支払金額が 660万円 だった場合の給与所得控除額
収入金額 × 20% + 440,000 = 1,760,000
よって給与所得控除後の金額は
660万 – 176万 = 484万

【おまけ】
源泉徴収票の支払金額が 6,600,001円 だった場合の給与所得控除額
収入金額 × 10% + 1,100,000 = 1,760,000.1
よって給与所得控除後の金額は
6,600,001 – 1,760,000.1 = 4,840,000.9

 ということで、給与所得控除後の金額が算出されました ^^ 課税の対象となる金額が少し減りましたね。次の項目は所得控除額の合計額です。

所得控除の額の合計額

 さきほどの給与所得控除後の金額所得控除の額の合計額ベツモノです。わかりにくくない??濁点が多いんじゃ!!

 ここに含まれるのは、社会保険料控除・配偶者(特別)控除・扶養控除・生命保険料控除・地震保険料控除などです。基礎控除は誰でも一律に適用されるので源泉徴収票に金額は書いてありません。

 今まで基礎控除は38万円でしたが、令和2年以降は納税者本人の合計所得金額に応じて変わります。個人の合計所得金額が2,400万円以下であれば48万円となります。引いてもらえる金額が増えるので、払う税金が減ると考えることが出来ます。わーい。

 ここでまた結構な金額が引いてもらえます。(とは言っても社会保険料などは給料からリアルにお金が引かれているので引いて当たり前 -_-)家族構成や生命保険料の払込額によってかなり差が出る項目です。扶養のお話しはまた別の記事で後日。

やっと課税所得金額が分かる

 さきほどの、源泉徴収票の支払金額が 300万円だった場合の例を再び出します。給与所得控除後の金額は202万円でした。所得控除の額の合計額が仮に50万円だったとすると、202 – 50 = 152万円が課税所得金額です。

 課税所得金額に規定の税率を掛けると源泉徴収税額が算出されます。課税所得金額は195万円以下だと税率が 5% なので、152万×5% = 76,000円 が源泉徴収税額となります。(あー長かった・・・)

まとめ

 源泉徴収票の一番のネックはやはり、給与所得控除後の金額 にあると思う。何の説明も無しに支払金額のとなりに載せられたらファッ?!て思うよね。この2つの金額の、僅か数ミリの間にあんな面倒な計算がなされているとはね・・・。そのあとの所得控除も基礎控除の存在を知らないと電卓叩いても正しく出てこないし。

 ということで源泉徴収票は、お給料から一定の金額を 引かれて(給与所得控除)引かれて(所得控除)その金額に税率を掛けた所得税額いくらになりました~。ということが分かる紙です。

 今回は住宅ローン控除や年末調整の意味については省きました(._.)